スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
【--/--/-- --:--】 スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
古美研1日目~興福寺~

一日目は興福寺です。古美研施設から、歩いて10分くらいのところにありました。

20070421223709.jpg


堂内の御香が、とてもいい香りでした。ほっと 落ち着く感じ。

20070421223901.jpg




20070421224609.jpg


お堂入り口にさがっていた布に描いてある鹿の模様がかわいかったです。

20070421224625.jpg




奈良のシンボルである鹿は、もう本当にあちこちにいっぱいいました。

東京には野良猫がいっぱいいますが、いうならば奈良には“野良鹿”です。


20070421224448.jpg



興福寺には、木彫りの千手観音像がありました。実際はさすがに千本はありませんでしたが、

でもその手、一つひとつには弓や薬、鍬などの道具をにぎりしめていて、戦い、無病息災、豊

作など、それぞれにきちんと意味があるそうです。



それからもうひとつ。興福寺といえば仏頭です。
教科書によく載っている、あの仏頭です。


みてびっくり!!


思ったよりでかい!!
自分の中ではバスケットボールくらいの大きさを想像していたのですか実際は高さ1メートル
くらいはあったとおもいます。
体の部分は火事で焼けしまったそうですが、頭部だけでも十分な存在感とオーラを感じました。ずっと見ていても飽きないほど、ステキでした。
スポンサーサイト
【2007/04/21 23:33】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(2) |
JAPON
2週間ほど、大学の古美術研究旅行で 京都・奈良へ行ってき

ました。やっと帰ってきました!!

長いようで短い、いや、でもやっぱり長かった!!でもすごく

楽しかった♪



日本人に生まれてきてよかった。


これが率直な感想です。




夜、水面に写る月を見て、感動して涙を流す。

襖絵や庭を利用して家の中に四季をつくる。

戸と戸の隙間からこぼれる光を利用して美を表現する…




日本人はそんな繊細な美意識を持ちあわせていたのかぁ、と感

動しました。


なんだか無意味に忙しい気がして、落ち着かなくて、なのに空

回りしてばかりだったここのところの私。でもこの2週間でか

なり自分と向き合えた気がします。


自分がどんなにくじけていても嘆いていても立ち止まっていても、

仏像はずっとやさしく微笑んでいてくれていました。

桜はそぅっと咲き、そしてはらはらと散っていました。

水は休むことなく流れていました。

そんな当たり前のことに、

私は、はっ とし

涙を流すことができるようになりました。

美しいものは美しい。

嬉しい事は嬉しい。

悲しいことは悲しい。


喜。

怒。

哀。

楽。

ものづくりをする人間にとって、なくてはならない感情です。


殻が一枚はがれました。
【2007/04/16 23:55】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(2) |
design shop in 原宿。

1.jpg




2.jpg




3.jpg




4.jpg




5.jpg

















6.jpg



7.jpg











8.jpg






9.jpg







10.jpg






11.jpg




【2006/07/25 21:39】 おでかけ | トラックバック(0) | コメント(2) |
| ホーム |

calendar

04 | 2017/05 | 06
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

links

search

template
by
amycco.


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。